点滴潅水チューブ | 土佐農機
会社概要

1.潅水方法の違いによる効果

点滴潅水チューブでの潅水

土佐農機の点滴潅水チューブで潅水された水は、ゆっくりと地中に浸透するので、植物の根にやさしく、水も100%有効利用できます。また時間をかけて潅水された水は、根に必要な酸素を土に保ち、根の活動が活発になり元気な植物が育ちます。

散水ホース等での潅水

短時間での集中的な散水では、地温が下がり、地中環境の急激な変化により毛根に悪影響を与えてしまいます。

2.迷路のような構造によりゆっくりした潅水

てんすい点滴チューブの中には、迷路のような水の通り道が設置されており、水がここを通る間に水圧が落ち、 点滴のように1時間に1リットルというゆっくりしたペースで潅水します。
※点滴潅水チューブのタイプにより毎時リットルに違いがあります。

点滴潅水チューブ 内部構造

3.設置・移設も簡単!

軽量プラスティックの散水パイプの中に散水速度を調節するアダプターを内蔵。地上に、配管するだけです。 配水パイプの増設も、主配水管に穴を開けジョイントを 差し込んで留めるだけです。 主配水管はホースを使用。設置や撤去も簡単です。(主配管はクロパイもあります)

点滴潅水チューブ 設置・移設

4.潅水ろ過器との組み合わせにより目詰まり防止

取水口に大型フィルターを設置することで、 用水路やため池からの取水の際に発生する目づまりを未然に防ぎます。 これまでの点滴潅水資材での大きな問題点の目づまり問題を大きく改善しました。

 

てんすいBit

点滴チューブ「てんすいBit」の内部構造は、従来の内蔵されたチップを通しての潅水ではなく、独自のチューブ内側のザラメ状圧着水路構造により、液肥を混入潅水した際の目詰まりが改善されました。また、通水する水圧を適度に変えて潅水しますと一層目詰まりしにくくなります。

green